FPの資格をスクール、通学で取得する

学校

FPの資格取得を目指すなら、通学講座を受けるのが最も確実で短期間で合格することができる勉強方法です。

資格試験の勉強は時には楽しい事もあると思いますが、辛い事の方が多いと思います。勉強を続けるモチベーションを維持していく必要もありますし、FPの資格も上級になるほど合格率もかなり低く難しい試験になってくるので、なかなか一人でやろうと思うと結構大変なことです。通学すると、時間には縛られてしまいますし、費用も独学や通信講座よりは高くなってしまいますが、それ以上のメリットが存在します。

解らない所はその場で解決

講師

通学講座では、講師が行う授業は無駄がなく、ポイントをしっかりおさえているので効率的に学習ができます。講師はほとんどの場合、FP資格を取得している専門家なので、試験のノウハウを持っています。プロの講師から実際に教えてもらえば、自然と合格するための力がついていきます。そして、講師がいる教室では疑問点等その場で聞いて解決できる環境でもあります。

自身を勉強させる環境作り

勉強できない

なかなか自分で勉強することが苦手な人にとっては、通学して強制的に勉強する時間を確保するのが良いかもしれません。

独学だとマイペースで勉強できるため、勉強を先延ばしにしてしまいがちです。通学だと、決まった時間に教室に行かなければならないので、必然的に勉強する時間が確保されます。勉強することを習慣化する事は非常に重要です。

また、教室で同じ目標を持つ友達ができる事もあるかもしれませんし、クラスメートの刺激もあり、モチベーションアップにもつながります。それに、学校に通うことで最新情報や試験のための必要情報も入手し易くなるのは当然でしょう。

AFP資格を取得するためには、日本FP協会認定の教育機関が実施するAFP認定研修を通学か通信で受講・修了する必要がありまし、2級FP技能士の合格率は学科と実技で違いますが、20~40%くらいになっており、簡単に合格できるような試験でありません。AFPと2級FP技能士を同時に目指す人は、通学講座の受講を考えても良いかもしれません。

学費は自己投資と割り切る

教える

スクールに通う事で最短で資格が取れますし、挫折しにくいというのはなんとなく皆さんもわかってるのでしょうが最大のデメリットとしては学費が高い点です。最も安くすむ独学と比べたら10万位違いが出る場合さえあります。

そこまで違うと迷ってしまいますし、時間をかけた所で独学でホントに合格できるのかな?などと不安になってしまう事もあります。

そこで費用の面で迷ってる方は講座の学費は出費ではなく自己投資と割り切って考える事をおすすめします。資格は取って仕事で使うかスキルアップして報酬を手にするためのもので、集めたり持って置いて自慢するものではないのです。自身に投資して見返りが必ずあると考えながら勉強する事で実際の現場でも使える知識を手に入れようとするでしょうし、そう考えたらサボるなんて事はあり得なくなります。

私なら自分の学費がもったいないなんて考えたりはしませんが、学校選びを失敗したくないなとは思います。学校選びに失敗しないコツはちゃんと事前に調べる事です。効率よく調べる事で時間も無駄にしません。

  • たのまな
  • フォーサイト
  • ユーキャン