FP資格を通信講座で取得トップページへ ≫ FPは独学?通信?通学?

FP資格は独学でも取れるの?

独学辛い

いざファイナンシャルプランナーを学習するにあたり、独学で勉強しようと思われる人も多いかと思います。独学は実際のところどうなのでしょうか?

独学だと、何の学習をするにしてもお金がかからないところが一番のメリットです。独学だと、必要なものは参考書と問題集だけで、試験直前に過去問題集などを購入するくらいですので費用は数千円ですみます。

FP3級、2級であれば市販テキストも豊富にあり、決まった時間に通学することも、有効期限内に学習を終了させる必要もなくマイペースで学習を進めることができます。忙しいサラリーマンなどは、なかなか学校に足を運ぶのも大変だと思いますが。独学なら、テキストを使って自分の好きな時間に、自分のペースで学習できます。

独学のデメリットは?

サポートなし

独学のデメリットは挫折はしやすい点です。分からない所を質問することができない、サポートしてくれる人がいないのが一番のデメリットでしょう。

また、独学でモチベーションを維持し続けるのは並大抵のことではないので、費用をかけなかった分、すぐに勉強をやめてしまう可能性も高くなってしまいがちです。通信や通学は費用は掛かりますが、それを無駄にしないようにする力が働くため挫折しにくいと言えます。

FPは法改正など最新の情報が必要となるという性質上、試験の出題傾向や最新情報も自分で情報収集しなければならないので独学では大変でもあります。スクールや通信教育で勉強している人より、一歩後れを取ってしまう可能性は大きいです。試験に合格するには、やみくもに勉強するのではなく、やはり出題傾向に合わせた学習計画を立てる事が非常に重要です。

独学ではどうしても駄目な場合も

独学

独学ではどうしても駄目な場合もあります。例えば、AFPは認定教育機関での認定研修を修了しなければならないので、独学だけでは取れません。

ちなみに、2級FP技能検定は、3級を合格していなければ受験資格がありません。2級FP技能検定に合格してからAFP認定研修を修了し、日本FP協会へAFP認定者として登録することはできますが、どうせAFP取得を目指すなら、2級FP技能検定対策とAFP認定研修がセットになっている通学・通信コースが多々あるようなので、そちらを受けた方が効率的です。

スクールや通信の方が効率的?

教室

実務経験のない人が独学でAFPを取得しようとする場合、まずは3級FP技能検定を合格して2級までステップアップし、さらにAFP認定研修を受けるという長い道のりになってしまいます。スクールや通信講座などを利用すれば、3級から受験しなくても、AFP研修と2級技能士試験対策講座が同時に受講できるので、効率的に2級FP技能士とAFP認定を取得することができるのです。

3級FP技能士が目標であれば、頑張り次第では独学でも合格を狙えるかもしれません。しかし、それ以上を目指す場合は、通信講座やスクールを考えるのが賢明のようです。

FPを通信講座で取得するメリット

通信講座

FPの資格は、通信講座を通して学習する事もオススメです。一番のメリットは、昨今の通信講座のテキストやDVDの質が高いという点です。テキストは市販のものより研究された、範囲を絞ったテキストが多いのです。

通学講座とは違って、その場で講師が教えてくれる訳ではないので、通常の講座より「分かりやすさ」に焦点を当ててあります。分かりにくければ、合格できないどころか、途中で挫折することも考えられるので、各学校とも教材の質にはこだわっているはずです。

そして自宅に居ながらDVDでプロの講師の授業を受けることができます。分からなかったら何度も再生できるのは通信講座ならではです。試験に合格するための教材を選ぶ必要はないので、それを確実に勉強すれば合格できるようになっています。

独学、通学と比べたら

質問できる

FPの通信講座のメリットとしては費用面でも通学と比較すると安く済むことが多い事です。時間も自分の好きな時にできますので、忙しい人でも続けやすいと思います。通勤中に講義を聞いたり、寝る前のちょっと空いた時間に勉強するなど、時間を有効に使うことができます。

通信講座の最大のメリットは講師やスタッフから学習サポートを受けることができる事です。分からない点や疑問点を質問することができますし、独学のような孤独感や不安感を軽減させることができます。独学だとわからない所が出てくると勉強が止まってしまい、挫折する原因になりかねませんが通信は質問ができるのでその心配はありません。

また添削の締切がある場合は、そこに向かって勉強ができるので、勉強のペースメーカーとしても活用できます。通信講座は自分の好きな時間に自分のペースで学習できますが、その分、強い意志と計画性を持つことが大変重要になってきます。

FPの資格をスクール、通学で取得する

学校

FPの資格取得を目指すなら、通学講座を受けるのが最も確実で短期間で合格することができる勉強方法です。

勉強を続けるモチベーションを維持していく必要もありますし、FPの資格も上級になるほど合格率もかなり低く難しい試験になってくるので、なかなか一人でやろうと思うと結構大変なことです。通学すると、時間には縛られてしまいますし、費用も独学や通信講座よりは高くなってしまいますが、それ以上のメリットが存在します。

解らない所はその場で解決

講師

通学講座では、講師が行う授業は無駄がなく、ポイントをしっかりおさえているので効率的に学習ができます。講師はほとんどの場合、FP資格を取得している専門家なので、試験のノウハウを持っています。プロの講師から実際に教えてもらえば、自然と合格するための力がついていきます。そして、講師がいる教室では疑問点等その場で聞いて解決できる環境でもあります。

自身を勉強させる環境作り

勉強できない

なかなか自分で勉強することが苦手な人にとっては、通学して強制的に勉強する時間を確保するのが良いかもしれません。

独学だとマイペースで勉強できるため、勉強を先延ばしにしてしまいがちです。通学だと、決まった時間に教室に行かなければならないので、必然的に勉強する時間が確保されます。勉強することを習慣化する事は非常に重要です。

また、教室で同じ目標を持つ友達ができる事もあるかもしれませんし、クラスメートの刺激もあり、モチベーションアップにもつながります。それに、学校に通うことで最新情報や試験のための必要情報も入手し易くなるのは当然でしょう。

2級FP技能士の合格率は学科と実技で違いますが、20~40%くらいになっており、簡単に合格できるような試験でありません。AFPと2級FP技能士を同時に目指す人は、通学講座の受講を考えても良いかもしれません。

学費は自己投資と割り切る

教える

スクールの最大のデメリットとしては学費が高い点です。時間をかけた所で独学でホントに合格できるのかな?などと不安になってしまう事もあります。

そこで費用の面で迷ってる方は講座の学費は出費ではなく自己投資と割り切って考える事をおすすめします。資格は取って仕事で使うかスキルアップして報酬を手にするためのもので、集めたり持って置いて自慢するものではないのです。自身に投資して見返りが必ずあると考えながら勉強する事で実際の現場でも使える知識を手に入れようとするでしょうし、そう考えたらサボるなんて事はあり得なくなります。

しかし10万以上する講座に簡単には申込みはできません。学校選びを失敗したくないなとは思います。学校選びに失敗しないコツはちゃんと事前に資料請求して調べる事です。効率よく調べる事で時間も無駄にしません。

  • たのまな
  • フォーサイト
  • ユーキャン