FPを独学で勉強するメリット、デメリット

独学辛い

いざファイナンシャルプランナーを学習するにあたり、独学で勉強しようと思われる人も多いかと思います。独学は実際のところどうなのでしょうか?

独学だと、何の学習をするにしてもお金がかからないところが一番のメリットです。通信講座でも通学するよりは安いですが、5万円以上はかかってしまうでしょう。しかし、独学だと、必要なものは参考書と問題集だけで、試験直前に過去問題集などを購入するくらいですので費用は数千円ですみます。

FPくらい人気の資格ですと、参考書もたくさん市販されているので、自分に合ったものを見つけられると思います。それに、決まった時間に通学することも、有効期限内に学習を終了させる必要もないという、本当にマイペースで学習を進めることができます。忙しいサラリーマンの人などは、なかなか学校に足を運ぶのも大変だと思います。独学なら、テキストを使って自分の好きな時間に、自分のペースで学習できます。

デメリットは?

サポートなし

独学のデメリットは挫折はしやすい点です。分からない所を質問することができない、サポートしてくれる人がいないのが一番のデメリットでしょう。

また、独学でモチベーションを維持し続けるのは並大抵のことではないので、費用をかけなかった分、すぐに勉強をやめてしまう可能性も高くなってしまいがちです。通信や通学は費用は掛かりますが、それを無駄にしないようにする力が働くため挫折しにくいと言えます。

FPは法改正など最新の情報が必要となるという性質上、試験の出題傾向や最新情報も自分で情報収集しなければならないので独学では大変でもあります。スクールや通信教育で勉強している人より、一歩後れを取ってしまう可能性は大きいです。試験に合格するには、やみくもに勉強するのではなく、やはり出題傾向に合わせた学習計画を立てる事が非常に重要です。

独学ではどうしても駄目な場合も

独学

独学ではどうしても駄目な場合もあります。例えば、AFPは認定教育機関での認定研修を修了しなければならないので、独学だけでは取れません。

ちなみに、2級FP技能検定は、3級を合格していなければ受験資格がありません。2級FP技能検定に合格してからAFP認定研修を修了し、日本FP協会へAFP認定者として登録することはできますが、どうせAFP取得を目指すなら、2級FP技能検定対策とAFP認定研修がセットになっている通学・通信コースが多々あるようなので、そちらを受けた方が効率的です。

スクールや通信の方が効率的?

教室

実務経験のない人が独学でAFPを取得しようとする場合、まずは3級FP技能検定を合格して2級までステップアップし、さらにAFP認定研修を受けるという長い道のりになってしまいます。スクールや通信講座などを利用すれば、3級から受験しなくても、AFP研修と2級技能士試験対策講座が同時に受講できるので、効率的に2級FP技能士とAFP認定を取得することができるのです。

3級FP技能士が目標であれば、頑張り次第では独学でも合格を狙えるかもしれません。しかし、それ以上を目指す場合は、通信講座やスクールを考えるのが賢明のようです。

FPの通信講座を探してる方はこちら