資格スクエアのFP講座

資格スクエアのロゴ

資格スクエアとは、弁護士や司法書士などの資格試験のオンライン予備校のことです。脳科学の観点から、他とは違った学習法を提供しているのが特徴です。

中でも、脳科学に基づいた問題演習機能「脳科学ラーニング」や、資格スクエア独自の勉強方法「スクエアメゾット」など、革新的な学習システムを整備し、効率の良い学習をサポートしています。

このようなオンライン予備校のメリットとしては、いつでもどこでも講義を受けられるという点です。資格学校が近くにない、忙しくて資格学校に通う時間がない、という方は資格スクエアがおすすめです。

ここでは資格スクエアのファイナンシャルプランナー講座について詳しく解説します。

資格スクエアはこちらから

資格スクエアのFP講座の合格の3大要素

資格スクエアのテキスト

資格スクエアのFP講座は、プロ講師陣によるサポート、フルカラーで見やすい教材、オンライン受講システムの3つで、受講者を合格へと導きます。なかでも合格の秘密と言えるのは、オンライン受講システムでしょう。

メディアでも活躍する講師陣による講義動画が、パソコンだけでなく、スマートホンやタブレットからも見られます。操作画面の使いやすさも、ピカイチ。21段階の再生速度調節機能や、10秒ごとの巻き戻し機能があるので、朝晩の通勤時間やランチタイムなど、自分の好きなときに、好きな場所で、学習を進められるのです。

資格スクエアのスクエアメソッドとは?

スクエアメゾット

資格スクエアのスクエアメソッドとは"Self Learning"(自主学習)と"Question"(問題演習と質問)、"Advice"(助言)というサイクルを何度も繰返して力をつけていく勉強法です。

脳科学に裏打ちされたこの勉強法によって、勉強の本質である「効率」と「継続」を両立することが可能となり、合格へと結びついていくのです。

脳科学ではインプットとアウトプットの最適比率は1:3とされているため、資格スクエアでは特にアウトプットを重要視しています。つまり、何度もテキストを読むよりも問題演習をたくさん行うことが大切なのです。

資格スクエアのFP講座で資格を取った人の共通点

合格者

資格スクエアでFPの資格を取得した人の共通点は、資格取得のための勉強法と資格取得後の自己プロデュースの方法にあります。勉強法は、資格スクエア独自のクラウドを用いた学習環境で弱点を把握し、繰り返し本試験に対応できる知識を身に付けたところが特徴的です。一方、特筆すべきは資格を取得した後の自己プロデュースの方だといえます。

FPを資格スクエアで学習した受講生は、他の資格(宅建士など)と複数資格を生かすことで、自己の商品価値を高め、よりプロフェッショナルな領域に足を踏み入れることができます。関連資格も資格スクエアで取得することができ、その点でも資格スクエアの利用はキャリアアップにつながるといえます。

資格スクエアはこちらから