教育訓練給付金を利用してFP資格を取得する

給付金の説明

「教育訓練給付金」という制度をご存じでしょうか?

これは、何かしらの資格を取得しようとする社会人に国が費用を出してくれる、雇用保険の給付金制度です。雇用の安定と、再就職を促進させることが目的です。この給付金の対象となる資格講座は厚生労働大臣が指定する講座で、現在なんと7000講座も存在しています。 そして大手の資格スクールの各種講座は、ほとんどが教育訓練給付金の支給を受けられる講座です。その中にはもちろんFP(ファイナンシャル・プランナー)、行政書士の資格講座も含まれています。資格スクール選びを今している人は、自分の申し込もうとしている講座の所に小鳥のマークがあるかどうか確かめてみてください。「緑色の地に白い小鳥のマーク」が、教育訓練給付金を利用できる講座です。

ただ、これは最初にもらえるわけではなく後からお金が戻ってくるというシステムなので、講座に申し込む時には自分でいったん払わなくてはなりません。 講座修了後に学費の20パーセント(上限10万円まで)が戻ってきます。

教育訓練給付金を利用するには

授業

初めてこの制度を利用する人は、「雇用保険の被保険者であった時期が1年以上」であれば利用できます。また、仕事を退職した人でも1年以内に受講を開始すれば制度を利用できます。まず資格スクールの講座に申し込む時に「給付制度を利用する」と必ず明記すること。次に身分証明書類をスクールに送って、本人確認をしてもらう必要があります。 そして講座がスタートしたら、「最低何割以上、授業に出席していること」「添削課題を期限までにすべてちゃんと提出していること」「修了課題で基準点以上を取ること」といった条件が、当然ですがあります。 講座が修了したら、スクールに修了証明書を書いてもらいます。その書類一式をハローワークに提出して申請すれば、1か月以内にあなたの銀行口座に学費の20パーセントが戻ってきます。

講座を途中で放棄してしまった場合には、当然給付金は支給されません。 また、講座の修了日の次の日から1か月以内に申請しないと支給を受けられなくなるのでくれぐれも手続きを忘れたりしないように気をつけましょう。

当サイトで紹介してる講座では?

説明

当サイトで紹介してるFP講座でも、ほとんどの講座で教育訓練給付金を利用する事ができます。

一部講座の本家サイトでは教育訓練給付金の利用の仕方についての説明が違うページにあったり、解かりにくい場合がありますのでなるべく教育訓練給付金説明ページリンクするようにしています。

 

ユーキャン

ユーキャンの受講生の8割が初めてFPを学習する人なので、初心者向けに作られています。専門知識がない人でも、安心して勉強に取り組むことができます。

ユーキャンはこちら

 

LEC

LECはiPod講座など先進的な受講システムを導入したり、多くのキャンペーンを行うなどの取り組みには高い評価を得ており、業界トップとも言える資格専門校です。

LECの給付金詳細はこちら

 

ECC

ECCのFP通信講座は、日本FP協会認定の講座です。価格が安いのに内容が充実しており、全国平均の約2倍の合格実績を誇っています。日本FP協会認定の講座です。

ECCビジネスのFP講座はこちら

 

大原

大原のFP講座は、「テキスト」「カリキュラム」「万全のサポート体制」を特徴としており、コースも教室通学、映像通学、DVD通信、Web通信から選択でき、FP初学者から上級者まで対応できるコースに細かく分かれています。

FP講座【資格の大原】はこちらから

 

TAC

「受講生をいかに効率的に合格に導くか」を第一に、30年間蓄積した合格するための独自のノウハウで多くの合格者を生むTAC。「女性特別クラス」「早朝クラス」「短期集中クラス」などユニークな講座が多数。

TACのファイナンシャルプランナー講座の詳細はこちら