トップページへ ≫ FPは何級から?

FPはどの資格を取ればいいの?何級から?

管理人

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格にはいろいろな種類がありどれを目指せばいいのか迷ってしまいます。1〜3級まであるので何級から取ればいいかも迷います。

通信講座の場合もCFPも国家、FP技能士1級とどちらも目指せる資格専門校もありますが、どちらかしか目指せない講座もあったりします。1級、CFPを開講してない所もあります。通信講座を選ぶにあたっては1つの学校で長く通いたい方もおられるでしょうから資格についてあらかじめ知っておくことは重要です。

国家3級FPのみ取得した場合履歴書に書ける?

社会で働く

国家資格である「FP技能検定」は1級から3級までに分かれています。 3級を取得することはそれほど難しくありません。それはいいのですが、正直な話、3級を取得しただけでは、求人に応募したり面接に行ったり履歴書に記入してもあまり強力なアピール材料にはならないということです。じっくり下の級からチャレンジしていく時間的余裕、経済的余裕のある人はいいと思います。しかし、現実にはあまり時間や費用をかけていられない人もたくさんいることでしょう。「それだったら自分は、3級は飛ばしていいから2級からスタートして受験したいなあ」と思う人も多いかと思います。

そのような場合は2級から受験できる方法もあります。

2級から始める?

FP協会

FP試験には規則があります。2級の受験資格の一つに「3級技能検定の合格者であること」というものがあります。 しかし3級を受けずに2級から受ける方法もあります。

FP資格の種類

FP資格の種類について詳しくはこちら

実は、2級の受験資格に「FP実務経験2年以上」というものと「日本FP協会が認めた講座を修了」というものがあります。ですのでFPの資格スクールに通うか通信講座で「AFP認定研修」を修了すれば2級の受験資格が発生するのです。当サイトで紹介している”ユーキャン”なども指定講座のひとつです。

これなら最短で2級の受験資格を得ることができるので、時間をかけたくてもかけられない人や実務経験がない方にはおすすめです。

2級までなら悩む必要はない

管理人

ファイナンシャルプランナーには民間資格(AFP、CFP)と国家FP技能士3~1級があります。

国家2級、AFPまでの受験については 資格スクールや通信講座でFP2級とAFPの両方がセットになった講座を開講しているのを見た事があるのではないでしょうか?

これはFP2級技能士に合格後、AFP研修を修了し日本FP協会に登録すればAFP認定者になれ、 FP技能者2級とAFPの両方を取得することができるのです。

実際に世の中でファイナンシャル・プランナーとして働いている人の大多数はFP2級とAFPの両方の資格を持っています。 各種スクールや講座を比較検討し、時間的にも最短で費用も少なく2つの資格が取れるお得な講座を選びましょう。

FP試験までの流れ

勉強

ここではファイナンシャルプランナー試験の申し込みから、実際の試験、合格発表などの実際の流れを紹介します。FPは日本FP協会と金財(財団法人金融財政事情研究会)どちらでも受験でき(1級学科はきんざいのみ)ます。

これから目指す方は試験日から逆算してしっかりと計画をたてましょう。

受験申込する。

協会

FP技能検定は、3級~1級まで級別に同日に実施されます。各級ともに学科試験と実技試験が実施され、両方の合格をもって各級の合格となります。

受験申請書は試験を実施する試験機関(金融財政事情研究会か日本FP協会のいずれか)から入手します。 大きな書店にも申込書が置いてる所もありますし、ネットで申し込む事もできます。 受験申請書を入手したら、受験要綱を確認し、受験手数料を払い込み、受験申請書を受験機関に提出します。

申し込みはこちら

3級及び2級FP技能検定は、年3回(1、5、9月の下旬)に実施されています。願書受け付けは、1月試験は11月中旬~11月下旬、5月試験は3月中旬~3月下旬、9月試験は7月上旬~7月下旬となっています。

1級の学科試験は1月と9月の2回で、申込は10月上旬~11月下旬、6月上旬~7月上旬になります。実技試験は、2月と6月にあり、申込は11月中旬~12月上旬、3月下旬~4月中旬です。以上の試験は金融財政事情研究会が実施していますが、日本FP協会が実技試験を9月にも実施しています。

FP技能士は各級ごとに受験資格があったり、民間資格AFP,CFPとの連携(学科試験免除)などがありますのでこちらを参考にしてみて下さい。

実際に試験を受ける~合格発表

試験をうける学生

実際の試験は朝10時から学科試験が始まり、学科が120分、実技は午後から90分です。ただし1級の学科のみは午前150分、午後150分と1日かけて行われます。1級の実技は学科合格者のみ別の日、午後120分で行われます。ただし金財では試験時間は半日と発表されてます。

学科実技ともに2級まではマークシート方式ですが、級、問題によって○×式や三答択一式などがあります。1級になると学科の一部、実技は記述式になります。

3級及び2級は自身の都合に合わせて実技と学科を別の団体で別の日に受検することも可能です。学科と実技の両方ともに合格すると、合格証書が発行されます。

学科または実技のいずれかに合格した場合は、一部合格証が発行され、次回の試験では学科試験(あるいは実技試験)が免除されます(但し、免除有効期間は合格した試験の試験日翌々年度までに行われるものに限ります)。

各試験の合格基準点は日本FP協会と金財それぞれのホームページで発表されてますのであらかじめチェックしておきましょう。合格発表日は試験日の約1.5~2ヵ月後に、郵送にて発表になります。合格はホームページに自身の受験番号を入力してチェックする事もできます。

民間資格AFP、CFP

AFP,CFP

FPの民間資格AFPはFP技能士のように試験を受験して得点によって合否が決まるわけではありません。AFP資格認定を受けるには、AFP認定研修の修了後、2級FP技能検定に合格し、日本FP協会へAFP認定者として登録するのが一つの方法です。二つ目に、2級FP技能検定に合格後、AFP認定研修を修了し、日本FP協会へAFP認定者として登録する方法があります。

AFP認定研修は当サイトで紹介してるLEC、大原、東京FP,KFP研修センター、ECCなどで受講できます。

CFP試験は、6月と11月に実施されます。試験は1日目、2日目と2日に渡り実施されることになります。出願期間は、それぞれ、4月上旬~中旬、9月上旬~中旬と短くなっています。全6課目あり、課目ごとに合否が発表され全科目合格できなかった場合は不合格科目のみ受験可能です。

CFP試験は3科目づつ2日間に渡って行われ、朝9時半から1科目120分で行われます。

CFPを受験するには受験資格が必要で、AFP認定者、及び日本FP協会が認定した大学院で所定課程の修了者が対象です。合格者はより高度な知識と技能、十分な経験と倫理観を身につけているFP技能者と認められ、CFPエントリー研修の受講と、実務経験3年の条件を満たすことによって、CFP資格が与えられます。

CFP認定者には、CFP認定証とCFPライセンスカードが協会より発行されます。CFPは国際的にも通用するライセンスですがその難易度はかなり高いものです。

  • たのまな
  • フォーサイト
  • ユーキャン