ファイナンシャルプランナーの仕事とは

管理人

FP(ファイナンシャルプランナー)とは、顧客から提供された収入や借入、家族構成や資産状況などの情報を基に、住宅購入やローン返済、教育資金や老後の資金などを総合的に視野に入れたライフプランを立て、それに即した資金計画をアドバイスする専門家です。個人が家族の夢や目標を叶えるためには、しっかりとライフプランを立てることが重要です。

そして、夢や目標を叶えるためには、資金を用意することが大切です。夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法をファイナンシャル・プランニングと呼びます。金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識を持ち、専門的立場から個人の夢や目標を叶えるために一緒に考えアドバイスするのが、FPのお仕事です。

FPのおこり

悩む管理人

FPは1930年代頃、アメリカで保険外交員の販売手法から生まれたと言われています。日本で注目されるようになったのはバブル期の80年代で、相談内容は財テク、節税といったものが主でした。

しかしその後バブルが崩壊すると、長期の景気低迷、金融機関の破綻、少子高齢化社会と公的年金、退職金制度への不安などへと相談内容も増え、FP本来のトータルプランニング的な相談が増えてきました。本格的な活躍は、1996年に始まる金融ビッグバンに伴い、新しい金融商品が次々と誕生していく中で、資産運用の選択肢が増えたのと同時に、自己責任も強く求めらられる現在、FPの需要は高まってきています。

FPになるためには、資格を持たなくてもFPと名乗ることはできても、FP技能士と名乗ることができるのは有資格者だけです。

FPが活躍する場所

教えるイラスト

ファイナンシャルプランナーの資格取得後の働き方には色々ありますが、銀行、保険、証券、不動産業界への就職は大変有利になります。金融機関では、FPの資格を業務に直結した資格の一つとして、資格取得を社員に勧める傾向があるようです。

また、FPとして独立することも大変な魅力ですし、FPの資格は、仕事で使わなくても年金、保険、住宅ローン、投資など、自分自身のライフプランを立てる上でも非常に役立ちます。このようにファイナルシャルプランナーは幅広く活躍する場所があります。

管理人がおすすめする講座フォーサイトはこちら