トップページへ ≫ FPの資格の種類

FPの資格は大きく分けて3つあります

ファイナンシャルプランナーの資格は1種類ではなく複数あります。3級~1級まで級がある国家資格、FP技能士。民間資格AFP、CFPと初めて聞く方はイマイチ違いがわかりにくいです。

そこでここではファイナンシャルプランナーの資格の種類について解説します。

FP資格の種類

ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士

金財

まずはじめは国家資格である「ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士」を紹介します。これは2002年4月、職業能力開発促進法に基づき、「ファイナンシャル・プランイング技能士」という国家資格となりました。

厚生労働省が認定し試験は、金財(財団法人金融財政事情研究会)により運営されています。1~3級の等級がありますが、誰でも受けることができるのは3級のみです。2級と3級は、受験資格があります。2級の受験資格には3級合格者か実務経験が2年以上等、1級には2級合格者で1年以上の実務経験がある者、もしくは、5年以上の実務経験があるもの等と規定されています。

上記のようにFP技能士1級は受験するだけでも大変ですし学科試験の合格率は10%以下という難関試験です。

AFPとCFP

CFP、AFP

国家資格FP技能士以外だとAFPとCFPと呼ばれる、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が認めている民間資格があります。 AFP、CFPは共に日本FP協会への入会と2年毎の講習・更新が必要となります(各種費用も必要)。

AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)とは、日本FP協会認定校の研修を受講し、研修終了時点でAFPの試験を受け合格し、日本FP協会に登録すればAFPの資格を得る事ができます。AFP資格は、日本独自の国内ライセンスです。この資格は、国家資格のFP技能士と比べると質を重視した資格になっており、顧客に対してFP業務を行うための知識を持ち、実際にプランの作成をできるようにすること、に焦点が当てられています。また、国家資格の2級FP技能士はAFP資格審査試験を兼ねてますので同時取得も可能です。AFPを取得しておくことで国家1級を目指すこともCFP取得を目指すことも可能になります。ただしFP技能士2級合格後にAFP研修を修了し日本FP協会に登録しなければAFP認定者にはなれません。

CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)は、CFP BOARD(米国CFP資格認定委員会)と日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が提携し導入された国際ライセンスです。APFの上位資格であり、CFP資格審査試験に合格し実務研修(CFPエントリー研修)を受講、修了する流れになります。実務研修(CFPエントリー研修)を受講するには実務経験も3年間必要です。世界23の国と地域で認められるグローバルな資格です。国内にはまだ取得者が少ないのが現状のようです。CFPはAFP合格後に受験できる資格ですが、FP協会が認める所定の大学院で教育プログラムを修了した場合AFPを受験しなくてもCFPを直接受験する事ができます。またCFP資格審査試験に合格した場合、国家資格1級FP技能士の学科試験は免除されます。

結局どれを受験すればいいの?

管理人悩む

FPの資格は、国家資格と民間資格が独立した資格試験を実施しているため、資格体系が1本化しておらず、どれを目指せばよいか分かりにくいかもしれません。

一般的には国家資格の方が信頼度が高いイメージですが、国際的には、北米・アジア・ヨーロッパ等で認められているため、CFP資格の方が認知度は上になります。

FPの勉強を開始したい方はこちら