FPの年収は?

お金を考える管理人

最近注目度の高い職業のひとつ、FP(ファイナンシャルプランナー)ですが、収入は実際どのくらいになるのでしょう? 企業に就職するか、独立して自分で開業するか両方の選択肢があります。特に独立してやっていきたい人にとって収入は気になるポイントですよね。

FPの年収は実は人によってかなりの幅があるので、一概にはひとくくりにできません。年収にして200万円以下の人から、かなり成功している例だと年収1000万円以上になる人までいます。

ここではFPの収入に着目してみます。

企業に就職する場合

会社で働く

まず企業に在籍しながらFPをやっていく場合です。保険会社であれば外交員、銀行や証券会社であれば財テク相談員のような仕事をするのが通常です。

就職時には確かに持っていて損することはない資格ですが、すぐに高い給料を提示してくれる企業ばかりではないのが現実です。資格手当が月額5千円~3万円程度付く会社もあるようですが、企業によっては付かない場合もあるようです。 実際は月給にして25万円前後、年収にして300万円から400万円程度になるケースが多いようです。しかし地道に実績を積んでいけば、それが金額になって返ってくるというのは他の職業と変わりません。その後の本人の努力と才覚によっては、始めて数年後に年収700万円に上がった人も実際にいます。

独立した場合

FP独立

FP資格を使い独立して自分で開業した場合はいろいろな選択肢があります。代表的なものでファイナンシャル・プランニング事務所、投資信託の販売等の仲介する金融商品仲介業、数社の保険商品を販売している保険代理店などです。

こちらももちろん独立開業したからと言って誰でもすぐに稼げるわけでなく、数年間でおよそ年収600万円に到達するのをひとつの目安と考えるとよいでしょう。 特に独立する場合、なぜ人によって年収にこんなにも大きな差が出てしまうのでしょう?それはただFPの勉強を完璧にすればいい、資格を持っていればいいというだけでなく、自分の「営業力」にかかっているからです。つまり仕事を取れるかどうかということですね。人脈、口コミ、知人に紹介してもらうなどは古くからの方法ですが、そのほか現代ではホームページを利用してお客さんを集めるというのも一般的になっています。

またメインの業務であるプランニングに力を入れるだけでなく、相談料や手数料の設定を見直してみるなど、お客さんつまり一般の人たちに自分からアピールする努力も必要です。

ただ独立し自身の力で食べていけるのは大きな魅力です。

  • たのまな
  • フォーサイト
  • ユーキャン