FPの勉強を始める切っ掛け
FP資格を通信講座で取得トップページへ ≫ 独立?就職?

FPになったら独立?就職?

悩む管理人

FP試験に合格し、めでたく資格を取ればいつでもFP(ファイナンシャル・プランナー)としてスタートできるわけです。が、その働くスタイルはひとつではなく、いろいろな選択肢があります。1つ目は独立してやっていく働き方。2つ目はどこかの企業に就職や転職して、入った企業で自分の資格をおおいに役立てるという働き方です。

どちらがいいとは一概には言えませんが、ここではその2つの働き方について書いています。

独立して働く場合

独立FP事務所

まず独立して自分の事務所を構えてFPをやっていく場合です。 企業に所属していない「個人事業主」となります。日本ではこういう人の大多数が、保険会社の代理店として契約して働いています。そうすると保険商品の販売手数料が入ってきます。企業に所属するFPだと自社の商品しか販売できないのですが、独立しているFPは自由です。複数の企業と契約することができるというメリットがあります。

そのほかの働き方としては「一般の人もしくは法人を相手に有料のファイナンシャル・プランニングをする」、また「金融商品仲介業者として投資信託の販売をする」という人もいます。最初は個人の顧客を相手にコンサルタントをすることが多いですが、社員数の多い独立FP事務所になると法人の顧客と仕事をすることもあるでしょう。

しかし何よりも自身の力で一国一城の主として働ける事は大きな魅力です。

企業に就職して働く場合

企業で働く

企業に所属しているFPの場合はどうでしょう。

金融、保険、不動産、投資業界に就職する人が多数と思われます。現代ではこういう企業の営業マンはみなさんFP資格を持っているので、資格を持っているだけですぐに無条件で年収アップということはないでしょう。 しかし、「基本給プラス歩合」というシステムになっている企業が多く、資格手当というかたちで月額5千円~3万円程度付く会社があるようです。なので、契約を多く取ることができる人はそれだけ年収にどんどん反映されていくわけです。知名度の高い大手企業に勤めている人は、その名前だけでお客さんから信頼されます。やはりこれは大きな強みになりますね。もちろん企業に就職・転職できたらそれで終わりではなく、入社してから後の自分の努力、営業成績こそが大切なのは言うまでもありません。FP資格はその入り口となります。

いずれにしても、これからの日本の社会でFPはますます需要が高まっていくことでしょう。資格取得を考えているみなさんは今が非常にいい時期かもしれないですね。

フォーサイト ユーキャン ECC